臨場感溢れる動画づくり

カメラ

人と差をつける動画

ゲーム機や動画投稿サイトなどでも導入されたシステムVRは、バーチャルリアリティといい、動画を立体的に見ることが出来るという特徴を持っています。一般的に映画やゲームなどの映像は平面上の状況を捉えたものです。でも、VRで撮影されたものであれば、マウスや自分が装着したゴーグルなどを動かすことによって、自分が見たい方向の映像を見られるようになっているのです。自分の前で主人公が走っている姿を見られるとして、後ろ側ではヒロインが主人公を応援している姿を見られるというようなもので、非常に革新的でこれまでにない発想かつアイディアと言えるでしょう。VRでの撮影は当然ながら複数台のカメラが必要になります。その場を同時に幾つものカメラで撮影し、最終的にその映像同士を組み合わせることで映像に立体感を与えるという手法なので、カメラはもちろん、動画を編集するためにも特殊な機材が必要になるのです。個人でVR動画を撮影し編集するのはかなりの技術と費用を必要とするため、映像制作会社や動画編集のフリーランスなどに依頼する方が効率的でしょう。まだそれほどVR動画の撮影を行っている人が少ないということもあり、一般的な動画撮影、編集よりも費用もかかります。しかし、視聴者へ与えるインパクトは大きく、またクロスメディア展開やコンテンツ制作の幅も広がるという大きな強みがあります。せっかく映像を作るのであれば、キャッチーで見る人を惹き付けるVRの方が良いのかもしれません。

Copyright© 2018 フォトスタジオの利用【安心できるところを選ぶ】 All Rights Reserved.